マンション投資の失敗を防げ!事前の知識が盾となる

一軒家

民泊に注目しよう

一軒家

新しい形を知ろう

京都で新しい不動産投資の形が注目されています。それが民泊です。民泊とは法律上、宿泊施設として認められていない場所を宿泊施設として提供するサービスのことを言います。空き家の活用としても関心を寄せられており、海外からの観光客が増加している中で、今後、強いニーズがあると見込まれている分野なのです。京都で民泊が注目されている理由は、その土地柄です。神社仏閣が数多くあり、歴史的情緒を感じさせる中での宿泊は海外観光客から高い人気を得ています。ホテルや旅館ではない、より日常的な環境の中で過ごしたいと考える観光客も多いです。民泊はまだまだ始まったばかりで、法整備などはこれから行われていく予定ですが、すでに参入を表明している上場企業もあります。

不動産価格も上昇します

民泊のメリットは大きく2つあります。1つはその収益力です。中古ワンルームマンション等の収益物件を保有して家賃収入を得る不動産投資よりも民泊として貸し出す方が大きな利益を上げられます。すでに、空き家を借りて民泊としてサービスを提供している不動産投資家もいます。2つ目のメリットは予約サイトを自前で持つ必要がないということです。民泊に参入する際には、物件さえ用意すれば、あとは予約サイトに物件を登録するだけです。民泊サービスを代行してくれる良い業者を見つけることができれば、今までの不動産投資と大きく変わる点はありません。今後、京都の不動産価値が一段と上昇する可能性もあります。京都に収益物件を持っているのなら、しばらく手放さずに保有し続けることも考えておきましょう。